イベント運営の

い ろ は

循環型経済への転換が求められる時代ののぼり

 サーキュラーエコノミーとは、循環型経済のことです。
これまでの経済活動は、石油などの資源を使って生産し使い終わった製品は廃棄される流れでした。

これに対してサーキュラーエコノミーでは、製品を長期間使用したり廃棄物をリサイクルして循環させることを目指しています。
故障したら廃棄するのではなく修理をしたり、古いものもまだ使えるならリユースしたりして、一つの製品を長期間使用することを目指します。

また廃棄する場合も製品を分解しリサイクルできるものは再利用を促すのも、サーキュラーエコノミーの特徴です。
こうした経済を循環させることにより、持続可能な社会を作り環境保全にも繋がります。のぼり旗の製作ポイント

イベント会場や店頭で使われているのぼりも、循環させることを求められるようになりつつあります。
これまでのように使い終わったら廃棄するのではなく再利用したり、のぼりの製作時にも
リサイクルされたペットボトルから作られた素材を使用したりと、環境保全への取り組みが進んできました。

循環型経済への転換は、海外では当たり前で日本でも進みつつあります。
時代の変化に対応していくためにも、エコなのぼりに切り替えることも考えましょう。

リサイクル繊維や廃棄物を出さないエコなのぼり旗

エコなのぼり旗は、素材に特徴があります。
具体的にはリサイクル繊維が使われており、販売されているショップでは
再生繊維のポンジーやトロピカルなどの素材が用意されています。

これらのリサイクル繊維は特殊な技法で製作されており、そのため通常よりも割高です。
のぼり旗を制作するときの費用もリサイクル繊維の使用により、高額になる点は
循環型の経済へ変化させるときの問題になるでしょう。

エコのぼり旗の特徴はリサイクル繊維の使用の他に、廃棄を減らすことにも取り組まれています。
これまでは使い捨ての扱いだったのぼり旗も、できるだけ長く使う工夫をしたりしています。

のぼりでエコへの考え方

さらに使用する各部材も、できるだけ廃棄を減らすため資源としてリサイクルして循環させるようにしてきました。
リサイクル繊維の使用などエコな取り組みをすすめることにより、これまでよりも業界内での廃棄物は減少するでしょう。

廃棄物が減ればそれだけ環境を守ることにな繋がりますし、一つの製品を使い続けることで
新しい資源を使うことも減り、持続可能な社会を作ることにもなります。

新たな産業モデルとして日本でも促進が始まった循環型経済を推し進めるためには、こうした地道な取り組みが重要です。

ホーム   のぼり旗集客方法   盛り上げる効果   目につく広告   イベントに不可欠なのぼり旗   宣伝効果を高める   のぼりの設置の考え方   のぼりを置く場所の注意点   強度を高める   のぼり旗通販ドットコム   注意を促すのぼり旗   桃の節句   サーキュラーエコノミー   循環経済を実現  インクジェットで製作   修正や見積もりの料金  SITEMAP

designed by omaturi inkai