イベント運営の

い ろ は

初めてのぼり旗をインクジェットで作成したい

 通販によるのぼり旗インクジェットで初めて製作を検討する場合、三つのポイントが存在します。

まず一つ目としては、通販の場合であればサイトに依頼から完成までの流れが説明されているので
その流れが解りやすいことが重要となります。

モノづくりの基本は、作業の段取りが出来ていることが重要となりますので、
段取りが出来ていれば迷わずに対処ができるからです。
のぼり製作の段取りを決める

他にもコストが余分にかかってしまう無駄を抑えることにも繋がりますので、
その依頼から注文まで流れが視覚的にも解りやすいことは決め手になります。

二つ目としてはデザインデータの入稿の仕方がどうなっているかです。
例えばのぼり旗インクジェット通販サイトでは、お客さんが依頼の前に案を
文章や図、PC上のソフトを用いて作成して提出します。

そしてそれに沿った形で通販サイト側のスタッフがデザイン画像を製作してくれるので、
それをお客さんが確認する方式があります。

一方では通販サイト側にデザインデータそのものの製作を依頼して任せる形式もあります。
なお通販サイトによっては、デザイン画像の製作自体を有料とする所、
無料とする所と言った具合に分かれるケースも多いです。

自動的に見積もりを行ってくれ、料金がどのくらいになるかを明らかにしてから、
のぼり旗インクジェット印刷を行ってくれるかが重要となります。

最後の三つ目のポイントとしては、オプションサービスの充実度です。
のぼり旗インクジェットの通販サイトでは、オプションサービスが必ず備わっているのが実情で、
その充実度に温度差もあります。

もちろんオプションを選択した場合には、料金が嵩む可能性がありますが、
ユニークなのぼり旗を製作する上では重要な要素となります。

印刷方法は選べるか?

のぼり旗の安い作成方法には、印刷の種類が影響することもあります。
依頼する印刷内容が複雑であったり、写真データの取り込みなどがあると
印刷方法が違ってきます。

一般的にはシルクスクリーン印刷という方式が採用され、
背景や文字などが決められた色であれば鮮やかな印刷が
期待できますが、注意点もあります。

シルクスクリーン印刷は製版が必要で、限られた枚数では
一枚当たりの単価が高額になります。

データが複雑になると印刷での表現が難しくなり、色付きの印刷ができる半面
カラー印刷には向いていません。

のぼり旗を大量に制作する場合は、ほぼシルクスクリーン印刷での対応になります。

少量で仕上げたい場合はインクジェット印刷を選ばれることもありますが、
こちらも単価はそれほど安いものではありません。
のぼりを大量に注文

複雑なデータや写真入りのデザインにも対応できますが、
シルクスクリーン印刷に比べると若干発色が淡くなります。

印刷方法のメリットと注意点を検討して、デザインを決定することが必要です。

のぼり旗は他の方法と比較すると非常に手軽な宣伝方法です。
内容をすぐに把握できるので、宣伝方法としては効果は高くなります。
内容はシンプルなほうがより認知度も上がり、人目につくようになります。

 

設置場所や必要な枚数を検討することで、状況に応じた制作が可能になります。
のぼりは設置する期間により劣化していく商品なので、定期的な交換を心がけ、
予備の在庫を確保することも重要です。

ホーム   のぼり旗集客方法   盛り上げる効果   目につく広告   イベントに不可欠なのぼり旗   宣伝効果を高める   のぼりの設置の考え方   のぼりを置く場所の注意点   強度を高める   のぼり旗通販ドットコム   注意を促すのぼり旗   桃の節句   サーキュラーエコノミー   循環経済を実現  インクジェットで製作   修正や見積もりの料金  SITEMAP

designed by omaturi inkai