イベント運営の

い ろ は

のぼり旗で端午の節句を祝う商品を宣伝しよう

 端午の節句は、毎年5月5日に行われる季節の行事です。
この日は菖蒲の節句とも呼ばれますが、菖蒲を浮かべたお風呂に入ったり柏餅やちまきを食べる風習があります。

この日には男の子が健康に育つことを祈る意味がありますが、特に男の子が生まれてから
初めて迎える5月5日は初節句と呼んで、盛大にお祝いをします。盛大にお祝い

男の子が初節句を迎えるお宅では、鯉のぼりや鎧兜、五月人形などを用意して飾り、
その子の健全な成長や立身出世を祈願するのが習わしです。

ところで、端午の節句を祝うための商品を販売しているお店は、のぼり旗を使って
鯉のぼりや五月人形などを売っていることをお客様に知らせるのがおすすめです。

男の子が生まれた家が鯉のぼりなどを購入する時期は、雛祭りが終わった後位からだと言われていますが、
いつ購入したら良いのかがわからずに困っている若い夫婦なども多いのではないでしょうか。

そういった方々にのぼり旗で鯉のぼりなどの販売を知らせれば、今のうちに購入しておこうという気持ちを後押しすることができるはずです。

また、柏餅やちまきは初節句ではない家でも購入して食べるものです。
和菓子屋さんなどは、菖蒲の節句に合わせてこれらの商品を売っていることを
のぼり旗でアピールすれば、売り上げが伸びると考えられます。

桃の節句の関連商品ものぼり旗でアピールできる

桃の節句は3月3日のことで、女の子の健やかな成長を願って雛祭りを行うのが日本の風習です。
男の子の場合と同様に、女の子が生まれた家でも初めて迎える3月3日は初節句と呼んで特別なお祝いをします。

女の子の初節句までに用意しておきたいのが雛人形で、お嫁さんの実家が購入するのが
一般的な方法でしたが、近年では両家の親御さんがお金を出し合って購入するというやり方をしている場合も多いようです。

そのような雛人形を販売しているお店があれば、のぼり旗を使ってお客様に知らせてみてはどうでしょうか。
雛人形を飾り始める時期は節分を過ぎた頃とされていますが、購入は12月の末頃から考えたり
商品を見て回る家も多いと言われています。

雛祭りのアピール

そのため、雛人形を扱っているお店は冬頃からのぼり旗を立ててお客様を呼び込むと商品の購入につながるかもしれません。

桃の節句には、雛人形を飾った家でホームパーティをするという人も一定数います。
雛祭りに欠かせない雛あられや菱餅などを販売しているお店も、のぼり旗を使って宣伝すると良いでしょう。

雛祭りにケーキを食べてお祝いするという家もあるので、洋菓子のお店でそのような商品を販売している場合も
のぼり旗でたくさんの人にそのことを知らせて季節のイベントを盛り上げるのがおすすめです。

ホーム   のぼり旗集客方法   盛り上げる効果   目につく広告   イベントに不可欠なのぼり旗   宣伝効果を高める   のぼりの設置の考え方   のぼりを置く場所の注意点   強度を高める   のぼり旗通販ドットコム   注意を促すのぼり旗   桃の節句   サーキュラーエコノミー   循環経済を実現  SITEMAP

designed by omaturi inkai